×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

痛風発作はどうなるの?

痛風は、日常生活している時に突然襲いかかります。

そして、強烈に足の付け根の関節に強い痛みが出て歩くのもままなりません。

一般的には、最初のメタ眼瞼板指骨関節(親指)に症状が現れます。

しかし、他の関節にも影響を受けるかもしれません。

痛風の発症している関節は、炎症(赤みを帯びて脹れる)の徴候が見てわかります。

主な処置方法は、痛風発作の発症を抑えることになっていて、次の痛風発作を発症させない事です。

たとえ痛風治療をしていなくとも、痛風の最初の発作は数日続くかもしれないし、直ぐに症状が消えるかもしれません。

その後痛風発作が週や月単位又は年単位でおこらない場合もあります。

痛風発作で(長い期間の間起こっている度重なる発作)のひどい症例は、影響を受けた関節は動かす事が困難なほど重症化することも有ります。

痛風治療は、発作の再発防止のためにも必要です。

痛風患者は、体内で尿酸が蓄積されるために、継承した治療は必要です。

痛風の人は尿酸の生産過剰が体内で起こり、また腎臓が過剰な尿酸を除去しきれずにいます。

この時に尿酸値の高い場合は、プリン体の豊富な食品を食べることはやめてください。

急性痛風発作のときには、痛みをやわらげ炎症を止める処置をして、次の痛風発作が起きないように治療を続けて下さい。

痛風治療がうまくいき、痛風発作が起こらないように生活習慣も見直して薬の処方してもらいましょう。

痛風のお薬はどんなの?

痛風患者の食事の変更は効果的です、例えばプリン体の豊富な食品は避けて下さ。

その他の予防措置としては、十分な水分の補給と、アルコール摂取は減らす事で尿酸値を下げるお薬が必要に成ります。

痛風のお薬は、以下の通りです。

非ステロイド性の抗炎症剤

コルヒチン

副腎皮質ステロイド

副腎皮質刺激ホルモン

アロプリノール

プロベネシド

スルフィンピラゾン

非ステロイド性の抗炎症剤は、一般的に、急性痛風を治療するために処方される最初のお薬です。

インドメタシンは、効果的であると思われます。

他にNSAIDSは、同じく効果的である場合があります。

痛風発作の徴候がおさまって、NSAIDSはまず最初に最大許容投薬量で処方されて、減らされます。

痛みと炎症が少なくとも48時間存在しなくなるまでは、薬は続けなければなりません。

COX-2抑制剤は胃腸懸念で患者に役立つ場合があります、しかし、急性痛風の人たちの用途は特に調合されません。

コルヒチンと言う薬は、痛風の関節炎の症状の重度の人に使う薬です。

痛風発作の症状の重い人に再発する事を妨げるために使う薬です。

コルヒチンは、痛風を治療しないかわりに、体内での尿酸の量を減らすための薬に成ります。

この薬は、炎症を減らすことによって、痛風発作を妨げる為に、コルヒチンが、2つの方向で使われます。

副腎皮質ステロイドまたは副腎皮質刺激ホルモンが、NSAIDSまたはコルヒチンをとることができない患者のために使われます。

急性痛風患者はプレドニゾン一日の量(20-40mg)を3〜4日分処方されます。

そして、それは1〜2週間かけて徐々に薬の量を減らしていきます。

ACTHは、筋肉注射(必要である数日にわたる初回量と以降の服用)として投与されます。

アロプリノールは、慢性痛風または痛風の関節炎(体内で尿酸を製造するシステムを抑制する作用)方に処方されます。

これは痛風発作を抑制するために用いられます。

プロベネシドは、慢性痛風と痛風の関節炎に処方されます。

これは痛風に関連した発作や症状を抑えるために用いられます薬です。

そして体内で尿酸を分解するのを助けて腎臓の働きを助けます。

プロベネシドは、uricosuricなエージェントとしてよく知られた薬です。

その他の薬は結腸プロベネシドとProben-Cです)はプロベネシド(それはuricosuricなエージェントとコルヒチンです)を含有する痛風の薬です。

スルフィンピラゾン(商標名 ― アンツラン)、uricosuricなエージェントとしても知られていて、痛風の関節炎を治療するために用いられます。

これは自分の血液で尿酸の量を減らす作用があります。

さらに、痛風発作の予防に成ります。

ロサルタンは、特に痛風の薬でないのですが、アンギオテンシンII受容体拮抗剤(尿酸値をコントロールするのを助け高血圧治療薬)尿酸値をコントロールしてくれます。

フェノフィブラートは、特に痛風の薬でないですが、尿酸値を助け脂質を低くする薬です。

鎮痛性鎮痛剤は、痛風発作の激しい痛みを軽減するために用いられます。

前記の薬の全てが組合せで使われることができます。

そして、痛風の徴候をコントロールして、将来の痛風発作備えて、尿酸値を上げないように心がけましょう。

Krystexxa(pegloticase)は、生物学的薬でそれは、尿酸を分解する働きがあります。

従来の痛風の薬を使う事の出来ない痛風患者で使用します。

(フェブキソスタット)は、痛風で高尿酸血症の慢性の処置のために使われる薬です。

Uloricは、キサンチンオキシダーゼ ― 尿酸生産に対して過剰な酵素 ― をブロックすることによって、血清尿酸値を下げます。

十分な飲料水を取りましょう。

.

あなたの体重は適正に保ちましょう肥満は、痛風の大敵です。

痛風には食事療法が効く

食事を変えることで、痛風発作の再発防止に成ります。

プリン体の豊富な食品を避けて、アルコール類の量を減らしてください。

痛風の薬は痛風発作の痛みと炎症をおさえるのを助けるに役立ちます、それに過剰にできた尿酸を除去して過剰な尿酸の生産を抑える効果が有り将来の発作を妨げるのを助けます。

あなたの主治医が推薦する治療法に従ってください。

あなたが必要なのはプリン体を低く抑える事です。

痛みをコントロールする薬です。

炎症をおさえる薬です。

尿酸値をコントロールする薬です。

痛風発作予防はあるの?

痛風発作が起こるとどうなるかは皆さんご存知だと思いますが、痛風と言うぐらいですから、「風が吹いただけでも痛い」と言われるほどの激痛を伴歩くことすら出来なく成りまっす。

この痛風発作は足の付け根などの関節で特に発症しやすい病気です。

そして尿酸値が規定値を超えていれば痛風と医師に診断されます。

痛風発作の痛みは、血中の尿酸結晶によって起こるということですから、この尿酸値の数値が高ければ、痛風発作の症状が出ていなくても何時痛風発作が起こるか分かりません。

場合によっては、夜寝て朝起きたら痛風発作の症状が出ることもあるといいます。

痛風発作予防としては、尿酸値を充分に下げる事と、体内で充分な糖たんぱくを作ればいいでしょう。

痛風発作予防にはたんぱく質と糖を作るためのビタミンAを飲むと効果が期待できると考えられます。

痛風発作の症状の原因は血中の尿酸結晶ですが、この結晶の状態によっては痛みが起こらない事も有ります。

そして、この痛風発作の痛みを予防できると考えられているのはビタミンAだといいます。

痛風発作では、尿酸が重要な鍵を握ります。

この尿酸とは、不要となったDNAなどが分解された時に出来てしまう老廃物です。

この尿酸値が高い人は、高尿酸血症と診断されます。

この高尿酸血症と診断された痛風患者は血液中の尿酸値が高い事により、足指の付け根の関節等にに尿酸の結晶が蓄積していきある日突然痛風発作が発症します。

関節に蓄積された尿酸結晶に衝撃を受けたり又は急激に尿酸値が低下する等が起きたり、何かの刺激によって尿酸結晶が剥がれ落ちてしまうことがあります。

この時の尿酸結晶を白血球の一種である好中球が取り込むと、炎症を引き起こす物質が放出されるようになります。

これによって激痛を伴う痛風発作が起こります。

高尿酸血症であれば必ずしも痛風発作が起こるとは限りません。

痛風発作の原因はこの高尿酸血症の状態が長く続くことにより関節に尿酸結晶が蓄積されて、痛風発作が起こる状態の下準備が出来上がります。

そして何かをきっかけとして尿酸結晶が剥がれ落ちると、痛風発作を発症して激痛におそわれます。

痛風発作が起こっている場所では、体内からたくさんの好中球が集まってきます。

これらの好中球がいっせいに炎症物質を放出するために強烈な痛みが起こるのです。

そこで、痛風発作が起きた時に好中球が寄せ集まってくる事をブロックできれば、それ以上痛風発作が悪化して激痛を伴うことは無くなり通風予防に成ります。

スポンサードリンク